スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛護センターへ連れていく前に…

  20, 2016 13:00
もう1度、方法はないのか?しっかり考えましょう
lgi01a201405170900.jpg

File#006 姫路市 Sくん


の成長や特性、しつけや環境次第で性格も大きく変わってきます

の頃の可愛い時期につい衝動飼いしてしまい、大きくなり保健所に連れてくる、という方もいらっしゃいます


今殺処分されている約4/1が連れてくるわんこだそうです

問題行動による理由が約20%
飼い主様の病気が約20%という内訳だそうです


老後の寂しさからわんちゃんを飼いだす方や、

仕事をリタイヤして手持無沙汰な親にわんこをプレゼントする方が増えてきています。



わんちゃんの寿命は今や10~15歳、長生きの子は20年ほど。60歳に飼ったとして、20年後は80歳に…

こうした、お互いに高齢になる「ダブルシニア」が問題となってきています




だって介護も必要であれば、治療費は人よりも高額な事もあります


毎日のお散歩、お世話、定期的なトリミング…よく考えて終生飼育の覚悟をもって家族に迎えてあげましょう
関連記事
スポンサーサイト

  保護犬 愛護 動物愛護 保健所

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。