スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シニア犬クリフの社会化日記☆掃除機編

  08, 2016 17:00
クリフはポメラニアンという犬種の特質上(ベル犬)、いろんな音に過敏で、吠えやすい子です



トレーニングを学ぶまでは理由も、しつけの仕方も分からず吠えていても、ダメ!と言うしかありませんでした。

怒る事で助長してしまい、もっとひどくなることも多々あり、困り果てていました




元々の犬の資質、性格、本能…
それらを知るということが、何よりも改善する近道でもあることを身をもって感じました





元々はすごくヤンチャで、困ったクンのクリフでしたが、11歳からのトレーニングで、ここまでなるのです!



before、after、たった数10分後です!

いかがでしょうか?



beforeでは耳がピン!とたち、いかにも警戒心丸出しで、いつ掃除機に吠えてもおかしくない状態ですね。

どうしてそれをこっちに持ってくるの?!と目で訴え、吠えてもいいのか様子を伺っています。




一方afterでは、ぐっすりリラックスして眠っています。

11歳のトレーニングで、この変化です!!!


成犬でも諦めなくても大丈夫な理由が、分かりますよね



パピー(子犬)のしつけは、入りやすいです
成犬は時間がかかってしまうこともありますが、




オスワリ、オテ、オカワリ、フセ、マテ…
本当に基本的なことしか教えていなくても、社会化(慣れること)はシニアになってからでもできるのです!


むしろ、成犬になってからどんどんいい刺激を与えることは、生きる楽しさや老化予防にとても良いのです


何もなくいつもお留守番で平坦な毎日…から、少しだけでも変わってみませんか?
関連記事
スポンサーサイト

 老犬介護 社会化 老犬 シニア犬 老化予防 老化防止

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。